ベトナムでの放送サービス拡大

2018年12月12日に、WAKUWAKU JAPANはベトナム・ハノイでプレスカンファレンスを開催し、ベトナム最大の通信会社Viettel社及びWAKUWAKU JAPANのパートナーであるVTVcab社が共同で提供する携帯へのコンテンツ配信サービス「Onme」及び「VieON」にて、2019年1月1日より、チャンネルの配信を開始することを発表致しました。WAKUWAKU JAPANチャンネルの携帯配信サービスへの参入は今回が初めてとなります。

VTVcab

VTVcab

Viettel TV

Viettel TV

Onme

Onme

VieON

VieON

これにより、ベトナムでの放送・配信サービスは、VTVcab、ViettelTV、Onme、VieONの4プラットフォームへ拡大致します。

また、同2019年1月1日より、WAKUWAKU JAPANで放送する全ての番組をベトナム語字幕付きで放送することも発表致しました。これにより、より多くのベトナムの方々に日本の選りすぐりのコンテンツをお楽しみ頂けることとなります。

プレスカンファレンスでは、WAKUWAKU JAPAN川西社長の他、梅田 邦夫駐ベトナム特命全権大使、及び国営放送VTVチャン・ビン・ミン ベトナム社長、そしてVTVcabホアン・ゴック・フアン会長が登壇し、VTVを含む30社を超えるメディアが集まりました。

左から、WAKUWAKU JAPAN川西社長、梅田大使、VTVチャン・ビン・ミン社長、VTVcabホアン・ゴック・フアン会長

左から、WAKUWAKU JAPAN川西社長、梅田大使、VTVチャン・ビン・ミン社長、VTVcabホアン・ゴック・フアン会長

梅田大使より「日本政府を代表し、日越外交関係樹立45周年という記念すべき年に、WAKUWAKU JAPANチャンネルの放送が開始されることに、心からお祝いを申し上げるとともに、感謝申し上げます。ベトナムにおいては、日本のドラマやバラエティ番組は遠い存在でした。今回、24時間365日、日本のテレビ番組を放送する日本専門チャンネルの開局されることは、待ち待った画期的なことであり、心から感謝申し上げます。一人でも多くのベトナムの皆様にWAKUWAKU JAPANチャンネルをご覧いただき、日本の放送コンテンツを楽しんでいただく事を心より期待致します。」とのお言葉を頂きました。梅田大使に頂いたご挨拶の全文はこちらからご覧いただけます。

また、VTVチャン・ビン・ミン社長はスピーチにて「VTVcabとWAKUWAKU JAPANのパートナーシップは、今後の、ベトナムと日本のより近しい関係構築の架け橋となると考えています」とコメントされました。

国営放送VTV等、TV番組の取材の模様

WAKUWAKU JAPANでは、海外へ日本の優れたコンテンツを届けるのみならず、番組と連動したプロモーションなど、これからも幅広い活動を通じて日本のエンターテイメントの魅力を発信していきます。