WAKUWAKU Café いよいよオープン!

リアルな日本を体験できるWAKUWAKU JAPANの情報発信基地

インドネシアの方々に日本の魅力を発信する「WAKUWAKU Café」が2014年11月28日(金)にオープンしました。2015年1月28日(水)までの期間限定で、人気ショッピングモール「ガンダリアシティ」内に定常的プロモーションスペースを確保し、カフェ形式で展開します。日本の四季を感じる桜や畳、野点傘など、和がテーマの装飾を施した空間で番組を視聴できるほか、日本の食を体験していただけます。
運営は現地の人気カフェ「Kaffein」が行います。お茶漬けやちらし寿司、冷やしぜんざいなどのオリジナル日本食メニューを、本格的な和食器に盛り付けて提供します。有田焼、山中塗、福島のガラス工芸漆塗りなど日本が誇る伝統工芸品を用いることで、味だけでなく、日本の高い技術力や上質感をアピールします。また、醤油、味噌、山椒など和の素材を使ったスイーツも限定販売されます。ここでしか手に入らない日本の風味を持ち帰り、家族や仲間と楽しむことも可能です。
モール併設のイベント会場にて、11月27日(木)にはプレス発表会を、続く28日(金)~30日(日)にはオープニングイベントを開催。ステージイベントの他、番組と連動したゲームや日本の昔ながらの遊びなど、現地の方々が参加できるアトラクションを展開しました。1月にもイベントの開催を予定しています。また、母の日、ニューイヤーなど、現地の行事にあわせたキャンペーンを行い、多くの方々に楽しんでいただく予定です。
放送で見たWAKUWAKU JAPANの世界を、「見て」「触れて」「食べて」実感する。五感を刺激する体験を通して、WAKUWAKU JAPAN及び日本への理解を深め、日本ブームを創出していきます。

新たな形で日本文化を発信

Kaffeinビジネス開発担当
エスタ パメラ氏

現在、インドネシアでは日本文化への関心が高まっており、多くの人々がテレビやマンガ、ファッション、食などを通して日本に関する情報を得ています。今回「WAKUWAKU Café」という、新たな形で日本の魅力に触れることができるスポットが誕生したことで、より多くのインドネシア人に、日本に対する理解を深めて欲しいと考えています。
日本に興味を持つ人々の出会いの場として、さらには日本文化に対する驚きや感動をシェアできる場として、「WAKUWAKUCafé」は機能します。ここで触れる日本人の物づくりへの情熱や、おもてなしの心などから、インドネシア人が得ることも多いのではないでしょうか。

オープニングセレモニーには、Gandaria City、Kaffeinの代表とウルトラマンメビウス、JKT48が参加。

地上波テレビをはじめ、40社を超える現地のメディアの方々が取材に来られました。

桜が美しいCaféの前で、多くのメディアに取材していただきました。

JKT48がCaféでオリジナルメニューを試食。どれも美味しいと太鼓判!

2014年11月27日(水)プレスカンファレンス

WAKUWAKU Caféはオープン前から現地メディアの注目を浴び、11月27日(木)に開催したプレスカンファレンスには40社が出席。その後も多くのメディアから問い合わせがあり、現地地上波テレビや新聞などに取材していただきました。

チャンネルのコンテンツをテーマにしたステージイベントやコーナーイベントを開催。ウルトラマンメビウスの握手会は、大人も子供も大喜びでした。

桜に野点傘、緋毛氈。イベント会場のテーマは「日本のお花見」。

2014年11月28日(木)~30日(日)オープニングイベント

番組「SHIKI-ORIORI」と連動した日本列島モチーフの輪投げ

コスプレゾーンに用意した浴衣や刀など和の衣装は大人気

日本政府観光局ブースでは日本各地の情報をご提供いただきました

WAKUWAKU JAPANブースでは、ちびまる子ちゃんと記念撮影