WAKUWAKU JAPANで日本コンテンツを海外へ発信
8/29(木)三浦春馬さんが主演ドラマのPRで台湾を訪問

「日本の今を世界に伝える」をテーマに7つの国と地域で日本のテレビ番組を放送するWAKUWAKU JAPAN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 川西将文、以下WAKUWAKU JAPAN)は、現在WAKUWAKU JAPANで放送中の最新ドラマ『TWO WEEKS』の記者会見を2019年8月29日(木)に台湾・台北市内で開催し、主演を務める三浦春馬さんがPRを行いました。32社のメディア・記者が参加し、大きな話題となりました。

今回のドラマは三浦さんが30代を前に、初の父親役に挑戦する話題の作品です。台湾でも大人気の三浦さん主演の本作は放送前から現地でも大変注目されており、WAKUWAKU JAPANはこの話題作を日本の放送の約1週間後に、いち早く放送しています。8月29日(木)に開催された「WAKUWAKU JAPAN Presents 《TWO WEEKS》三浦春馬訪台記者会見」では、三浦さんが台湾の視聴者へ直接感謝の言葉を伝え、最新ドラマ『TWO WEEKS』の見どころを紹介しました。
三浦さんはアクションシーンの苦労や、娘のはな(稲垣来泉)との微笑ましいエピソードなどを台湾の視聴者にお話されました。また、今日本で大人気のタピオカミルクティーの試飲や旬のフルーツの試食など、台湾ならではの内容でイベントは大いに盛り上がりました。
なお、29日(木)夜に開催されたファンミーティング「三浦春馬 1st FAN MEETING IN TAIPEI「TWO WEEKS」SPECIAL」では、700名のファンが集まり、会場が終始熱気に包まれていました。

WAKUWAKU JAPANは、9月で台湾開局3周年を迎えます。そのような節目のタイミングで関西テレビ放送株式会社、そして株式会社アミューズにご協力をいただき、三浦春馬さんのPRイベントが実現しました。日本のテレビコンテンツに関する記者会見が海外で行われる事例が少ない中、台湾の視聴者へ日本のコンテンツの魅力を広くアピールすることができました。
WAKUWAKU JAPANはこれからも最新のドラマから人気バラエティまで選りすぐりの日本のコンテンツを世界中の人々にお届けし、番組と連動したプロモーションなどを行うことで、日本のエンターテイメントの魅力を発信し、世界中の人々に新たな価値や感動を提供し続けていきます。

『TWO WEEKS』ドラマ概要

三浦春馬主演、芳根京子が初の検事役としてヒロインを務める連続ドラマ「TWO WEEKS」。
殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。
<出演者>
三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 高嶋政伸 黒木瞳 ほか

WAKUWAKU JAPANでは、日本の放送の約1週間後に、毎週土曜日夜11時(台湾時間)に放送しています。

<WAKUWAKU JAPANとは>

公式サイト : https://www.wakuwakujapan.com/
WAKUWAKU JAPANは、日本のコンテンツを24時間、現地の言葉でお届けする現地の方向けのチャンネルです。放送を通じて、日本の今を各国の視聴者の皆様にお届けし、日本文化や日本の各地域、日本の優れた製品などに対する興味・関心を持っていただくことを期待しています。また、さまざまなプロモーションを通して日本の魅力を体験していただき、日本ブームの創出・拡大に努めてまいります。
■現在チャンネル展開中の国と地域:インドネシア、ミャンマー、シンガポール、台湾、スリランカ、ベトナム、モンゴル(計7か国・地域)

<WAKUWAKU JAPAN株式会社について>

  • 会社名 : WAKUWAKU JAPAN株式会社
  • 住  所 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂ビル7F
  • 設立年月日 : 2015年5月1日
  • 資本金 : 100百万円
  • 代表取締役社長 : 川西 将文
  • 株主構成 : スカパーJSAT株式会社 100%